ひらめき試してみました!草花木果(そうかもっか)ひらめき

人気口コミ コスメ探検隊レポート
草花木果(そうかもっか)トライアルお取り寄せ体験記

2008年01月13日

パリでお買い物

オペラ座界隈でパリ市内観光ツアーの解散後、
午後はお土産を求めてパリの街を散策〜るんるん

・・・とその前に腹ごしらえexclamation

レストランはたくさんあるけれど、どこに入ったら当たりなのか
よく分かりません(><)

あまりフラフラしていても疲れるばかりなので
とりあえず適当に雰囲気のよさそうなお店に入ってみました。

まだランチタイムが始まったばかりの時間なので
私たちが入ったときはガラガラでしたが
次第に満席に。

瞬く間にあたりで働くサラリーマンやOLさんたちでいっぱいに
なりました。観光客ぽい人は周りにはいません。
もしかして人気店かも〜?

メニューを見ると、どうやらガツンと食べる肉料理のレストランのようです。
セットしてあるナイフもカジュアルな感じの肉用ナイフだし。。

メニューに並ぶ単語からはどんな料理なんだかよく分からなかったので
とりあえず素材で選びます。

出てきた豚肉のグリルとチキンのソテーには、それぞれフライドポテトやマッシュポテトなどが添えてありました。

これでかなりお腹いっぱい!
最後まで食べられなくて、結局残してしまいました。

ランチの後は、またまたオペラ座界隈にあるJCBプラザ
パリ滞在最終日に行く予定のセーヌ川ディナークルーズぴかぴか(新しい)のツアー申し込みに行きました。

このツアー、初めは旅行を申し込んだときにオプションで申し込みしていたのですが、JCBカードで支払うことによって一人12ユーロも
安くなるというではないですか!!

12ユーロといったら、ランチ1食分くらいの金額、
これは使わない手はありませんわーい(嬉しい顔)


>>JCBカードについての詳細はこちら


私は普段からVISAカードを使っているんですが、出発直前に
JTBで申し込んでいたオプションをキャンセル、急遽海外旅行用に
JCBカードを1枚作ることにしたのでした。

3人分申し込んだので36ユーロのお得るんるん

JCBカードは海外では使えないというイメージがありますが
唯一割引特典が使えるカードなので、海外旅行用のサブカードとして
1枚持っていると便利かと思います。


その後は、パリのデパート、ギャルリー・ラファイエットでお買い物。

ギャルリーラファイエットはオペラ座から北へ10分くらい
歩いたところにあります。
隣は日本でもおなじみプランタン・パリ。

高級食材が並ぶ大きなフロアで、ショコラやガレット、キャラメルなど
お土産用のお菓子をたくさん買いました。


何か記念にステキな洋服でもあれば・・と全館見てまわったものの
・・・・・・・

なんか高すぎて買えない。。もうやだ〜(悲しい顔)


どうってことのない普通のニットが100ユーロ〜。
日本で買ったほうが、ダンゼン安い。
こんな高いの、パリジェンヌは普通に買ってるんだろうか??

そうなのです、円安ユーロ高、日本はデフレ、ヨーロッパはインフレで
海外に行く日本人にとってはフランスの物価は高いのです。

値段を見て、いちいち円換算していたら、なにもかもが高すぎて
買い物も楽しめない、、、ことに気づいたのは帰国日前日でしたがふらふら

財布の紐締めすぎて、ユーロ大量にあまらせちゃいました・・

皆さん、海外旅行は計画的に!(笑)

IMG_0072.JPG








posted by queue at 00:19| Comment(1) | フランス旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月04日

Bonne Annee!2008

あけましておめでとうございまするんるん

今日は東京・飯田橋にある
東京大神宮へ初詣に行ってきました。

東京大神宮といえば知る人ぞ知る?縁結びで有名な神社で、
東京のお伊勢さまとも言われています。

毎年恒例の美女チームでお参りをすませたあと
神楽坂にあるブルターニュクレープのお店、
LE BRETAGNE(ル ブルターニュ)でランチというのがここ数年のお決まりコース。

LE BRETAGNEは本場フランス ブルターニュ地方の名物、そば粉の
クレープ(ガレット)を食べることができるレストランなんです。

小麦粉じゃなくてソバ粉というところが、なんとも滋味深くて
いいんですよね〜。

自宅でも作りたくて、普通にそば粉を買ってきてチャレンジしたことがありますが、ものの見事に失敗して生地を全部捨てる羽目になったことがあります・・・(爆)
粉が違うのかな?


今回注文したのは、
魚のスープ soupe de poissonと、食事のクレープ2種、デザートクレープ1種でした。

食事クレープは、塩味ベースで、中にハムや卵や野菜などが入っています。
私たちがオーダーしたクレープには、こんがりと焼かれたアンディーブ(andive)入り。

アンディーブとは、チコリのことなのだそうです。

火を通したチコリを食べたのは初めてだったんですが
とろとろして甘みがあって美味しかったです! 食感は玉ねぎをやわらかくした感じですかねー。

デザートはレモンのクレープシュゼット。

レモンの砂糖漬けが添えられたクレープのお皿に
ブランデーをかけて、目の前でフランベしてくれますぴかぴか(新しい)

甘さをほろ苦さが混じって、これもまた美味でしたわーい(嬉しい顔)

お店の内装もフランスっぽさをふんだんに取り入れられているので
ちょっぴしフランスのクレープリーにいるかのような気分を
味わえるのもよいです。

1年に1度といわず機会があればもっと通いたいお気に入り店ですかわいい



タグ:フレンチ
posted by queue at 00:14| Comment(0) | フランス語日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。