ひらめき試してみました!草花木果(そうかもっか)ひらめき

人気口コミ コスメ探検隊レポート
草花木果(そうかもっか)トライアルお取り寄せ体験記

2007年11月30日

シュノンソー城へ

ロワール川沿いの可愛らしいレストランで
お魚と白ワインのランチをいいただいた後はChenonceau(シュノンソー)城へ。

朝の冷え込みなどつゆ知らず、ぽかぽか陽気で
シュノンソー城へ向かう足取りも軽やかです。

IMG_0031.JPG

シュノンソーへ向かう並木道の木々に癒されます〜。

IMG_0033.JPG
シュノンソー城は水上にたたずむ美しいお城。
写真や絵画などで目にしたことがある人も多いのではないでしょうか。

こちらはシャンボール城と違って、狩猟のために利用されるのではなく
いろいろな王族によって住まわれていました。

詳しいことは忘れてしまったのですがあせあせ(飛び散る汗)
自分の息子を王位につけるために、誰かに毒をもっただとか
そういう大奥さながらのどろどろ劇がこのシュノンソー城では
くりひろげられていたようです。

このシュノンソー城には小さな幾何学模様のお庭や、
みなれないフランス野菜を育てている農園や
小さなワインカーブのようなものがありました。

お土産の売り込みだとおもいますが、ロワールのワインもしっかり
試飲させていただいて大満足!

・・・買わなかったけど(爆)



帰路のバスではみんな疲れて爆睡・・

夕方のパリ郊外ではどうしても渋滞にはまってしまうらしく
予定通り19時半ごろのパリ着となりました。

1日でロワールのお城を見学するこのオプショナルツアー、
パリ滞在の日程に加えてみるといいと思いますよ〜。

オススメです!



posted by queue at 08:12| Comment(0) | フランス旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月28日

ダヴィンチのお家〜Le Clos−Lucee

ロワールお城めぐりツアーその2です。

ロワール川

ロワール川沿いにしばしバスの旅を楽しみながら
次の観光ポイント、Le Clos−Lucee(クロ・リュセ)へ。


クロ・リュセは、かのレオナルド・ダ・ヴィンチが晩年を過ごした
館で、現在は博物館となっています。

シャンボール城を建築したフランソワ1世が、ダ・ヴィンチのために
この家を建て、フィレンツェにいた彼をフランスに呼び寄せたのだそうです。

IMG_0024.JPG

こじんまりとした館のなかには、ダヴィンチのデッサンや
飛行機や機械などの設計図、彼の残した言葉などが展示してあります。

ダヴィンチといえばモナリザで有名ですが、画家としての
ダヴィンチは彼の1面でしかなく、あらゆる分野において
天才的な気質の持ち主だったんだな〜ということがよく分かります。

IMG_0027.JPG
ダヴィンチはその天才気質ゆえ、変人扱いされることが多かったようですが、そんな彼の才能を唯一認めたのが、フランソワ1世だったのだそうです。

フランソワ1世に見守られながら
晩年をクロ・リュセでおだやかに過ごしたダヴィンチは
幸せだったんじゃないかな。

なんだか暖かい気分にさせてくれる
美しいところでした。


【PR】2100円で海外旅行に行く方法!

posted by queue at 23:49| Comment(0) | フランス旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月26日

ロワール古城めぐり

フランス・パリ旅行記2日目です。

日曜日だったので、パリにいてもお店はやっていないだろうということで
この日はマイバス主催のロワール古城めぐりの1日オプショナルツアーを
申し込んでいました。

モンサンミッシェルと迷ったのですが、ロワールツアーのほうが
お城などたくさん見られそうなので。。

朝7時半ころパリを出発し、10時すぎに第1の観光ポイント、
憧れのシャンボール城へ到着〜!

シャンボール城は、子供の頃写真で見て
一度は訪れてみたいな〜と思っていたお城なんです。

シャンボール城

雲ひとつない青空に、白い城壁が映えます。


IMG_0015.JPG

シャンボール城はかつての王様、当時としては斬新敵な美的センスの持ち主、フランソワ1世(だったかな?)が
狩を楽しむために作ったお城だそうです。

狩のシーズンだけ、たくさんの召使を引き連れて滞在する
別荘のようなところなので、内部はがらんとしていて家具などの
調度品はほとんどありませんでした。

本当はゆっくり回って、ベストポジションから全体の写真を
撮りたかったのですが、ツアーの集合時間があるため断念。

1時間ほどの滞在でシャンボール城を後にしました。



posted by queue at 23:37| Comment(0) | フランス旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月25日

私的今年の流行語大賞

今年も残すところ早1ヶ月。
くうの周りでも今年の流行語大賞ノミネートの話題が飛び交っています。

先日もデパートのトイレでのおばちゃんの会話・・・


「今年の流行語大賞は何かしらね?」

「私、あのオッパッピーに、とらせてやりたいのよ。
  かわいい顔してるじゃない、オッパッピーって。」

恐るべしオバちゃん。。。がく〜(落胆した顔)
彼女らからみれば、自分の息子くらいの年齢なんでしょうけれど。

いくら流行っているからといって、くだらない言葉を
記録に残すのはどうしたものかと思いません?!

ということで、私の独断主観的今年の流行語大賞は、すばり

「I see you.」(フランス語じゃなくてスミマセン)



オススメ!

今年ベストセラーのコミニケーションについて書かれたこの本の著者、渋井真帆さんのフレーズです。


この本によると、

人間の本性は誰もが自分自身にしか興味がない
ということ。


だから、あなたが自分に向けている視線を少しだけ
相手に向けてあげることで、相手はあなたのことを好きになってくれる。

会社で昇進したいのなら、会社のことをよく観察し、
社会で認められたいのなら、世の中のことを知る必要があり
お金持ちになりたかったら、お金について勉強する。

興味をもって相手と向き合えば、自然と相手から好かれる自分に
なる法則、それがI see you.なのです。

常に意識して実践していかないと、ついつい
I see me.(私を見て〜)状態になってしまうのが人間の性なので
どんなときでもI see you.を合言葉にしています。

みなさんもお試しアレ!効果的ですよ〜


posted by queue at 23:19| Comment(2) | 徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月21日

パリに行ってきました!

ちょっと時間が空いてしまいましたが、先月パリへ行ってきましたexclamation

8日間パリに滞在するという飛行機とホテルのパックで
滞在中は自由にプランを組めるものです。

日本語が通じない海外は初めて(なんのこっちゃ・・)
という両親を引き連れて、ややプレッシャーを感じつつも
充実した楽しい旅行でした。

飛行機はエアーフランスの直行便。
できれば日系の直行便がよかったのですが、人気でとれず・・

やっぱ機内サービスは日系がいいよなぁと思ってしまうあたり
保守的なのでしょうか(^^;)

機内食

そして期待を裏切らないサービスの悪さたらーっ(汗)

まぁ、これがフランス流なんだろうけれど、
そんなことは知る由もない父は

「何で高いお金払ってるのにこんなサービスなんだっ」

とブーたれる始末・・

これしきのことで不機嫌になられては先がもたないよなぁ

だってフランスだし。


飛行機は13時間ほどでパリのシャルルドゴール空港へ到着。

IMG_0008.JPG

現地時間で17時半ですが、サマータイムぎりぎり、まだまだ
明るいです。

久しぶりのフランス、久しぶりのパリ!!

とってもワクワクしてきました♪


あ、今回はエアフラだったのでこの裏技は使えず・・(><)

>>2100円で海外旅行!

うーん、かなりもったいない(涙)




フランス語学サイバー留学!み〜さとヴァーチャル留学でフラ語とフランス文化をものにしよう〜!
ラベル:パリ 旅行
posted by queue at 00:05| Comment(0) | フランス旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月18日

ポールボキューズ@銀座

この週末は久しぶりに銀座界隈へ。

仕事をやめて、年明けからNiceに留学するというSちゃんと
ランチをすることになりました。


銀座に来るの、久しぶりだったのですが
ちょっと見ない間に新しい建物がたくさんできていました。

有楽町駅前なんか、すごい変わり様。。。

本日のランチは、プランタンの隣にできた新しいビル
”マロニエゲート”の10Fに入っている
ポールボキューズへ。


前日の予約では、いっぱいと断られてしまったのですが
ダメ元で並んだら40分くらいの待ちで入れましたわーい(嬉しい顔)

DSCF1053.JPG

続きを読む
posted by queue at 22:24| Comment(0) | 徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月14日

ストライキの国

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071114-00000019-jij-int

先月に引き続きフランスではまたストライキ入りだそうです。
今回は無期限ストライキ。

TGVはもちろん、バスやメトロもとまってしまいます。
穏やかじゃないですね〜

先月はちょうどパリから帰ったのと同時くらいにストライキだったので
旅行は無事楽しめました。

サルコジ大統領に変わってから、だらしない日本の政治家たちとくらべてなんてやり手のリーダーなんだろう!
とひそかに評価していたのですが、

そんなやり手の大統領にはついてゆけん!!

ということのようです。


今回のストはフランス政府の特別年金制度改革に反対した
公務員によるもの。

なんでも、一般市民の年金にくらべ公務員は優遇されているらしく
フランス政府はそれを撤廃しようとしているのです。


私は公務員じゃないので、


「公務員だけ優遇?けしから〜ん!!しかもストまでするなんて(怒)」

というのが心情なのですが、フランス人はどう思っているのでしょうか


しかし、いちいち大規模ストライキに突入するのが
革命の国フランスといったところでしょうか。

日本だったら、国が決めたことに国民は流されていくんだろうなぁ・・

ちなみにフランス語でストライキは
greve(グれーヴ)といいます。

砂浜という意味もありますね。

greve des transports (グレーブ デ トらンスポーる)で
交通ストライキです。

フランスはストライキが日常茶飯事なのか
greveという単語は、けっこう初級のフランス語教材でも
目にするのではないでしょうか。

近日中にパリに行かれる方は交通情報に
お気をつけくださいねexclamation








ラベル:パリ 
posted by queue at 23:50| Comment(0) | フランス語日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月11日

会社を辞めてフランスへ

突然ですが、今月いっぱいで会社を辞めて年明けから8ヶ月間、
ニースに語学留学します!!





・・・私の友人のハナシですが(爆)



私の友人はフランス系外資企業で働いていて、キャリアバリバリっていう感じなのですが、あまりの激務にキャリアリセットしたくなって
しまったらしいのです。

あまりに突然の報告にビックリexclamation×2


フランスへの留学ももちろんうらやましいのですが
この歳で(って歳はヒミツ♪)さくっと留学を決めてしまう
彼女の大胆さには惚れ惚れするものがあります。

今まで積み上げてきたものに自信があるからなせる業なんだろうなと
思いました。


詳細については、近々久しぶりに会うことになったので
楽しい話をたくさん聞いてきます!


ニースといえば、私も短期留学で滞在した都市です。

大学への留学ではなく、現地の語学学校のプログラムに参加するという
形で2週間単位くらいで滞在期間を決めることができます。

当時は今のようにインターネットが普及したての頃だったので
留学の情報収集はけっこう苦労しました。

NHKのフランス語会話などの教材の後ろのほうにある
広告ページに掲載されている業者にかたっぱしから連絡して
資料請求してましたね〜。


しかも大学構内の電話BOXからドキドキしながらかけてました(汗)
(ケータイも普及したてたらーっ(汗)

今は、インターネットという便利なツールがあるので
その点ではずっと楽になりましたよね。


でも情報収集とかって、けっこう楽しかった記憶がありますね。
また行きたいな〜。


短期プログラムは1〜2週間から参加できる学校がほとんどなので
会社で長期の休みが取れたときに旅行気分で留学する人もいるようです。

お休みが取れる人はチャレンジしてみてはどうでしょう。


留学情報の資料請求ができるサイト↓










posted by queue at 23:53| Comment(2) | フランス留学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。